リンク検出エンジン(無断転載発見ツール)の使い方

リンク検出エンジン(無断転載発見ツール)は、キュレーションメディア/まとめサイトが転載した文章や画像、Twitterの呟きを、Googleカスタム検索によって発見するツールです。
 
キュレーションメディアが転載時に記載する「引用元」をGoogleカスタム検索で絞り込み検索することで、検知します。
転載元には通知されない無断転載行為を、早期に発見できる可能性があります。
またリンク検出エンジンではTwitterの埋め込みツイートも検出することができます。自分の呟きがまとめサイトにて使われていないか、気になる方もお試しください。

■使い方

□インターネットサイトを調べる場合
①自サイトのトップページへ行き、URLをコピー
②リンク検出エンジンのサーチボックスにペースト
③検索

以上の3ステップで無断転載されている記事や画像が検出されます。

Q.思うように検索できない場合

他のサイトが出てきてしまう/自サイトがみつからない等、思うように検索できない場合は、検索したいURLを絞り込み、精度を上げることをオススメします。
◇絞込方法
URLの頭部分(http・https ://)と、末尾のスラッシュ(/)を省いた上で、ダブルクォーテーションマーク(“)で囲みます。
ex)「http://bungu-talk.jp/」で他サイトが複数出てくる場合、「”bungu-talk.jp”」で検索することで他サイトを省いた結果が出てきます。
□Twitterのつぶやきを調べる場合
自分のスクリーンネーム(@○○○)からアットマーク(@)を省き、そのまま検索します。
ex)「@○△□」の場合、「○△□」をサーチボックスに入れて検索。
まとめサイトで自分の呟きが使用されていた場合、該当サイトがヒットします。埋め込まれたツイートは、任意で削除することも可能です。

※Googleカスタム検索の検出精度は7割ほどのようです。すべての転載記事を検出できるわけでは無いことを、予めご了承下さい。
なお、検出対応サイトはこちらで確認することが可能です。

コメントについて(ポリシー)
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus